changelly(チェンジリー)の登録方法・使い方

取引所

仮想通貨を交換する際に、
普通に取引所で交換するよりも
お得になる可能性が高いのがchangelly(チェンジリー)です。

先日、日本人には有名なNoah(ノアコイン)が
changellyに上場したということで少し話題となりましたね。

どういったシステムなのかというと・・・。

まず今までの手順で、 Monero(モネロ)を
Ripple (リップル)に交換したいと
思ったときの手順としては

【Moneroを売って円にする】→【円でRipple を購入】

という流れになると思いますが、
この場合手数料が高くなり
かなり損してしまいますよね。

changelly(チェンジリー)の場合、
この手順を簡素化し安くすることが可能です。

changelly(チェンジリー)とは

changelly(チェンジリー)は、
取引所ではなくチェコ共和国のMinerGateという会社が
2013年から運営している仮想通貨の両替サービスになります。

changellyのメリット

changellyは交換手数料が取引量の0.5%と割安。

また、取り扱い通貨も約60種類となっており
多くの通貨と交換することが可能です。

日本語にも対応(部分的にしていない)
しているので操作も難なく簡単にできます。

changellyの登録方法

changelly公式HPはこちら
※詐欺サイトなどがある可能性もあるのでWEB検索ではなく、
上のURLからchangellyに移行していただき、
ブックマークをすることをお勧めします。

チェンジリーの登録は、
Eメールアドレスのみで簡単にできます。

①公式サイトに移行
言語選択をし右上の【Sign UPをクリック】

②メールアドレスを記入し、☑ボックスに✔を入力

③登録アドレスにpassが届くのでそれを使いログイン

④マイアカウントに移行しpass変更と2段階認証を実施
pass変更
以前のpassにメールで届いたpassを入力し
新しいpassを入力し【セーブ】をクリック。

2段階認証は、【有効にする】をクリックすると
画像のようにQRコードが表示されるので、
ソフトを使い設定をしてください。

changellyの使い方

①交換する通貨と交換後の通貨を選択する
選択後、右側の【交換!】をクリック

②再度通貨と交換数量・レート・手数料を確認する
問題なければ【次】をクリック

③交換した通貨の受け取り先のアドレスを入力する

④交換通貨・交換後の送付先・レートなどを再度確認する
問題なければ【確認して支払いをする】をクリック

⑤交換する通貨を送金する
送金先アドレスが表示されるので、送金をする。

ここで送金すれば、あとは交換され勝手に指定ウォレットに受信します。

⑥交換状態を確認する
交換状態を確認するには、
マイアカウント→歴史を確認してください。

画像下の部分に状態が表示されるので、それを確認してください。
BTCの送金詰まりの状態などで、処理が遅くなることがあります。

changellyまとめ

実際に使用してみると
日本語対応しているので使い方も簡単。

何回も取引することを考えれば、
1回でアルトコイン同士を交換できるのは非常に楽ですしお得です。

海外取引所を使用している人は、
実際にレートを確認してみて
お得な方で売買すればいいと思います。

日本の取引所は取扱通貨が少ないので、
こういった日本語対応している交換サービスがあると便利ですね。

changelly公式HPはこちら