DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判はどう?メリット・デメリットまとめてみました

取引所

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判は?

仮想通貨取引所は数多くありますが、
その中でもDMM Bitcoinを使うメリットがあるのか。

登録するにはやはり評判や口コミが気になるものですよね。

今回はDMM Bitcoinの評判や口コミ、
または登録方法までを紹介していきたいと思います。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)とは?


画像引用:https://bitcoin.dmm.com

DMM Bitcoinは2018年に誕生した仮想通貨取引所ですが、
元々は東京ビットコイン取引所という名前で2016年から運営されていました。

DMMはゲームなどでも有名な企業ですので、
運営母体は信頼できる企業が手がけていると判断してもいいと思います。

取扱通貨

取扱通貨
現物取引 BTC・ETH
レバレッジ取引 BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCH

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の評判

そこまで沢山の口コミ情報を探すことができませんでしたが、
比較的高評価の内容が多かったですね。

悪い評判としては一つ。

使いにくいという評価もありますね。

このあたりはこれから改善されていくでしょう。

おすすめポイント

DMM Bitcoinでは各種手数料が無料なのがメリット。

手数料無料の仮想通貨取引所も他に存在しますが、
「日本円の出金手数料」が無料というのは魅力がある内容です。

通常1回数百円は手数料が掛かるので、
頻繁に出し入れする人にとってはメリットが大きい内容になりますね。

手数料概要 日本円 暗号通貨(仮想通貨)
入金・入庫 クイック入金:無料
振込入金:無料
*銀行振込手数料は自己負担
無料
*マイナーへの手数料は自己負担
出金・出庫 無料 無料
取引手数料 無料 新規注文/決済注文:無料
ロスカット:無料
レバレッジ手数料:建玉ごとに0.04%/日

注意ポイント①

DMM Bitcoinは「取引所」ではなく「販売所」なので
暗号通貨を購入する際は、取引所に比べると割高になります。

基本的には取引所で取引した方がお得になるケースが多いので、
販売所を避けるという人も少なくありません。

注意ポイント②

スプレッドが広めになるので、
手数料は無料ですが高くつくとも言われています。

他の取引所と比べると高めとなるので注意が必要です。

注意ポイント③

これは注意といか、日本の取引所はそうなのですが、
レバレッジが最大4倍となっており、物足りなさを感じる人もいるでしょう。

もちろんレバレッジが高いのはリスクは高まるのですが、
小資本の方の場合はもう少しレバレッジがほしいという人もいますね。

このあたりは、個々の考え方次第ですが、
レバレッジを大きくしたいのであれば海外取引所を使用することになります。

注意ポイント④

DMM Bitcoinは現物取引がBTC・ETHの2種類しかありません。

その為、色々な通貨を購入したいという方には、あまりメリットが無いと思います。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)まとめ

いかがでしたでしょうか。

良い点・悪い点がありますが、
現物を購入したいのであればDMM Bitcoinでは取扱通貨が少ないですし、
レバレッジ取引もスプレットが高めで最大4倍までとなっています。

私が考えるDMM Bitcoinの使い方ですが、
入出金手数料が無料なので、現物のBTC・ETHの購入・売却のみに使用するのはアリだと思います。

DMM BitcoinでBTCを購入し、
そのBTCを海外取引所に送金しほしいアルトコインを購入する。

そこで購入したアルトコインを現金化する際に、
BTCに交換し、それをDMM Bitcoinに送金し日本円に換金する。

という流れで使うのであればいいと思います。

日本の取引所は取扱通貨も少ないので、
チャンスを広げるのであれば海外取引所の方が魅力があります。

サービスにしても海外取引所の方が充実しているので、
一度は検討してみてもいいと思います。

私が今一番推しているのがCROSSという取引所になるのですが、
日本語にも対応しているので特に不安なく操作ができます。